重曹の使い方 お洗濯&しみ抜き ecomoにお任せください!

ドライマークのウールセーターの洗い方
ウール・シルク・デリケート製品などは手洗いをします
必要な資材:洗浄剤「アラウル」漂白剤「ウルブリーチ」柔軟剤「ウルケア」
洗浄用と濯ぎ用と2個のバケツ用意し、両バケツへ30℃のぬるま湯を10リットル入れます。
(コツ!洗浄と濯ぎと柔軟剤を付ける時の水温を同じにしますと縮み防止に貢献します)
アラウルを10cc溶かします。
漂白/除菌したいときはウルブリーチを小さじ2杯投入します
洗うものを大きくたたんで洗浄水に沈み込ませ、5〜10分間漬け込みます。
衣類自体を両手で包み込むようにして(おひたしを絞る要領)洗浄液を水中で出し入れして洗います。
衣類を絞りますが、ねじりは禁物で衣類自体をおひたしを絞る要領で絞ります。
濯ぎ用バケツにクエン酸をひとつまみ投入し、衣類を入れて濯ぎます。
濯いだ後絞り、水を300cc位洗面器に取り、ウルケアを5cc入れた液でリンスします
脱水は、回転が上昇してから15秒くらいの短時間にすると小じわを防ぎ、アイロンが楽になります
叩いて小じわを取り除きます。
ひと手間かかりますが、蒸気アイロンの蒸気を出しながら浮かせて
アイロンを掛けますと小じわが良く伸び乾燥後のアイロンが容易になります。
平ら干しネットで影干しいたします
シルク製品
 洗い&濯ぎは、セーター同様ですが水の量とアラウルの量は半分で宜しいです。
シルクのスカーフやブラウスのリンスは、25℃の水200ccにパリット3ccと
ウルケア2ccを溶かした中へ漬け込み、絞らずに竿に干します
完全に乾ききる前に裏から縦糸方向(生地を引っ張り伸びない方向)にアイロンを掛けますと上手に出来上がります。
ネクタイは、20℃の水50ccにウルケア2ccとパリット2ccを溶かした中へ漬け込みます。
脱水後、入念にタオルドライをして水分を除去します。テーブルにネクタイ長さ分のビニールクロスかラップを敷き
ネクタイ表面を下にして軽く叩きながら平らにして乾かしますと綺麗にシワが伸びます。
乾きましたらアイロンを浮かせて表面をなでるように蒸気を最小限に出しながら掛けるとしなやかな張りとなります。
スカーフ・ネクタイともに糊が固かったら1回水で濯いで干してください。
四つ折りにします
バケツに30℃1Lのぬるま湯
アラウル2cc
5分ほど漬け込み、4〜5回
上下から手でサンドする
動作で押し洗いをします
ネクタイの表が内側になる
ように立てかけて洗濯槽に
配置し、1分程脱水します
ウール洗いの洗浄剤について
 かつてクリーニング業をしておりました時から多数のウールの洗浄してまいりました。洗浄剤も一般市販品や業務用も数多く採用してまいりましたが、洗浄力は差がありませんが、洗浄中の繊維からの染色の溶出や縮み風合いの低下・型崩れがあるものが存在します。私共で推奨しております上記の重曹をベースとした洗い方は繊維・染色・縫製を保護し、風合いや着心地などを低下させない優れた洗い方であることが分かり、クリーニング業の方々にも採用いただき、大変高いご評価をいただいております。
トップへ
戻る

copyright(C) 2001-2017 ecomo all rights reserved.